March 22nd-30th

IMG_7828.jpgRockclimbing.

CIMG2241.jpg
Kちゃん(中1)

今回のカナダツアーは2回目で、前回の時は人に頼ってばっかりであまり英語を話すことができなかったけど、今回は自分から積極的に話せたので良かったです。ホームステイファミリーともたくさん会話をしたりして、少し英語で話せたと思いました。ホームステイでピクニックに行ったり、動物園に行ったりして、とても楽しかったです🎵

IMG_20160321_194840.jpg
Hくん(中1)

僕は、カナダに行く時、外国人としっかり喋れるかなどの不安な気持ちもあったけれど、すごく楽しみでした。
僕は全然英語が喋れなかったから、英語の本を使ったりして、とにかく喋ってみました。そのうちに、ちょっとずつでも相手とちゃんと喋れれるようになったので、不安な気持ちもなくなりました✌️

P1010371.jpg
Aちゃん(小5)

私がカナダに行ったことで、一番思い出に残っているのは、ロッククライミングをしたことです。初めてだったので、ドキドキしたけど、一番上まで登れてとてもうれしかったです。でも、高すぎて、落ちて死んだらどうしようと思いました。
それと、もう一つは、ホストファミリーに誕生日をお祝いしてもらったことです。ケーキを買ってきてくれたのが、とても嬉しかったことを覚えています❤️

DSCN1566 (1).jpg
Rくん(中1)

I went to Victoria in Canada. It was very beautiful. My host family is very kind. I was able to make friends with a Mexican‼️

25572718494_31035f26ed_o.jpg
Mちゃん(中1)

カナダで一番楽しかったのは、カナダで過ごした日々全部です。初めて英語でつながった人達と過ごすという貴重な時間は、大変なこともあったけど、一番に思い浮かぶということは、やっぱり楽しかったなということです🎶

IMG_20160321_074103.jpg
Jくん(小5)

学校のない時にホストファーザーのボートに乗せてもらいました。魚は釣れなかったけど、アザラシを見ました。
そしてカナダに行って10日目ホストファミリーとお別れの時が来ました。ぼくは悲しくて泣いてしまいました。帰ってきてから英語がもっと喋れるようになりたいと思いました。次にいく時は自分のやりたい事などをもっと伝えられたら良いと思います😊

IMG_2888.jpg
Sちゃん(中1)

カナダは日本に比べて食品がとても大きいです。飲み物やバターなどさまざまな物が大きかったです。また、カナダでは靴を脱ぐ習慣がありません。最初はすごく違和感があったけど、だんだん慣れていきました。
カナダに行く前は、初対面の人と喋るのが苦手だったけど、帰ってきてからは初対面の人とも喋れるようになりました。中学校に入って友達作りが心配だったけど、カナダに行ったおかげでたくさん友達ができました😊

P1010572.jpg
Dくん(小5)

僕は初めてカナダに行きました。カナダには飛行機で10時間以上かかりました✈️
ホームステイの夜ごはんはとても美味しかったです。英語がさっぱりわからなかったので、もっと英語を勉強してコミュニケーションが取れるようになりたいです。またカナダツアーに参加したいです⭐️

DSCF0131 (1).jpg
Hちゃん(中1)

3月20日から10日間、私はカナダへ短期語学留学に行った。ホームステイだったおかげで、むこうの人との交流がとれてとても良かった。ホストマザーに勧められて、お寿司を買ってもらったが、一口食べて酢飯じゃない事に気付いた。他にも日本食店はたくさんあったけど、日本とは違い「お弁当」が15ドル、「焼きそば」が8ドルなど、とても高い物が多かった。庶民的な料理が多く、カニなどのちょっと高価な日本料理は全くと言っていいほど見なかった。私はカナダの人は、日本の感覚を少し間違えているのだと思った。カナダの人が日本へ旅行に来てみると驚くことばかりだろう。私は、それほどカナダと日本の感覚に差があるのだと感じた🍣

DSCF0129.jpg

IMG_7771.jpgArriving in Vancouver.
IMG_7784.jpgArriving in Victoria.
IMG_7787.jpgMeeting the homestay families.
IMG_7834.jpgLast day of classes.
25904643480_b5fe8599b5_o.jpgCapilano Suspension Bridge.
IMG_8069.jpgDragon boat paddling.