IMG_2975.JPGsign.jpg
Stewart College
Address: #850 Courtney Street, Victoria BC, V8W 1C4 Canada
Phone: 1.250.388.7774 - Email:languages@stewartcollege.com
logo.gif









Sakine went to Canada for the first time in 2012 with Melinda on her annual Canada tour. This summer she went back to Canada on her own for three weeks.

IMG_7495-2.jpg

ビクトリアの空港に着いてゲートのところでホストファミリーが“Welcome”の紙を持って経っているのが見えたときの安堵感は今でも覚えています。(笑) あっちに着いてからの3週間は、文字通りあっという間!!って感じで過ぎていきました。多分、私の人生の中で一番短い3週間だったんじゃないかと思います。

学校には日本人もいっぱいいましたが、中国、韓国、メキシコ、ケベックのカナダ人、スペイン、台湾など、色々な国籍の生徒がいて、年齢もバラバラで休み時間には、様々な言語が飛び交っていました。でも授業に入るとみんな英語になります。もし私が英語が嫌いで、ほとんど英語を喋れなかったら一生会わなかったような人達と英語が好きで、ちょっと喋れるようになったおかげで友達になれて冗談を言い合ったりできるようになるってすごい事だと思います。

アクティビティも楽しかったです!!ビーチバレー、テニス、カヤック、博物館、ティールームでお茶など様々な体験をしました。私の行ったホストファミリーはすごく料理が上手で、毎日毎日おいしいごはんを食べる事ができました。週末は色々なところに連れて行ってくれました。ブルーベリー狩りに行ったり、展望台に行ったり、バンクーバーのビーチ、野球観戦、花火、近くのマーケットなど、全部楽しかったです!!行く度に家族と仲良くなっていけました。別れの時には、もう本当の家族みたいになってたので本当に別れるのがつらかったです。

一番思ったのはやっぱり、「もっと喋れたら良かったのに・・・」でした。前回よりはこう感じた回数は少なかったけれど、やっぱりまだ何回も思いました。それと同じくらい感じたのは、「英語は世界を広げる」です。英語を喋れる、という共通点さえあれば、広い世界のどの国の人とも友達になれます。今回の留学で改めてこのことを実感しました。なので私は、もしまた次外国に留学したときに「もっと喋れたらいい」って思わないように、そして今回よりもっとたくさん外国の友達をつくれるように、頑張っていきたいと思います!!

留学レポート! Asumiちゃん。
Asumiちゃんは中学生の時に、Melindaと行くCanada Tourに参加しました。
今回高校生になり、1カ月一人で行きたい!ということで、そのお手伝いをRLCでさせていただきました。
たくさん 色々なことを 吸収してきたAsumiちゃんのレポートです。 皆もぜひ今後の参考にしてね

Asumi4.JPG

Asumi2.JPGAsumi3.JPGAsumi6.JPG

高校1年の夏!
今回のカナダ留学で、日本でできないような体験を沢山することが出来たり、外国人の友達が出来たり、一人で行ったことで度胸もついたり、生の英語を三週間きくことができて様々なものを得たと思います。

日本の良いところ、逆に悪いところ、カナダで生活して気づいた文化の違いが沢山ありました。
他にも、考え方の違いや意識の違いに気づくことが出来て、自分自身の視野が広がったと思います。

今回の留学を良かったものした一番の要因は学校での体験や、出会いだと思います。
学校には多くの日本人がいて、悩みを相談したり、遊び行ったり、楽しい時間を過ごすことができました。
留学生は自分と同じぐらいの年の人ばかりではないし、半年間カナダですごしているひとや9月から一年間カナダの高校に入学する人もいて、普通の生活では出会うことができない人と一緒に授業を受けたり話したりすることで、色んな影響を受けました。
そこで出会った友達とヴィクトリアの観光地を回ったり、ご飯を食べに行ったり、
買い物に行ったりしたことはとても楽しくて、忘れられない思い出になりました。

中でも友達と二人でmonkidoというアスレチックの場所に行ったのはとても印象に残っています。なぜなら、バスの降り場になにか目印があるわけではないので運転手さんに教えてもらったり、バスを降りてからも道がわからなくて複数の人に道を聞いたり、受付を二人だけでしたりして、カナダの人の優しさにたくさん触れられたことや、自分たちだけで遊びにいって帰ってこれたからです。

外国人の友達も出来ました。スイス人や、ブラジル人、ケベック州の人やスペインの人など、そのひとたちと話して今まで知らなかったその国のことが分かったり、興味深いものばかりでした。アクティビティをしたり、休み時間にしゃべったり、一緒にテレビを見たりしているうちに仲良くなっていき、三週間ずっと同じクラスで勉強していた友達とはとても仲良くなれて、お別れはつらかったです。

三週間の間に出会いと別れがたくさんありました。
でも、今もその友達とメールしたり、フェイスブックでつながったりしているので、すごい世の中だと思います。
ホストファミリーと過ごした時間にも沢山思い出があります。
With the Homestay Family
ホストファミリーに湖につれていってもらって、湖で泳いだり、船にのせてもらったり、
カナダならではのアクティビティをさせてもらいました。
二週間一緒だったスイス人のホストシスターと買い物に行ったり、お祭りを回ったり、
トランプをしたり、短い間だったけど、一緒にいることができて本当によかったと思います。
私が貧血で倒れてしまったときもものすごく心配してくれて、
でも貧血という英語を知らなくて説明したくてもできなくてはがゆい思いをしたりしました。
手振り身振りで話している私の話をしっかり聞いてくれて、私がわからなかったことを聞くと分かりやすく説明しようとしてくれたおかげで、生活の中でものすごく困るようなことも起こりませんでした。

カナダ人の生活を直に味わうことが出来て、たくさんのことを学ぶことができました。

この留学で、もっと英語が話せたら、もっとたくさん色んな体験が出来て、もっと他の国の話が聞けたのかなと思うと、英語の勉強をもっと頑張って上手に話せるようになりたいなと強く思いました。
少し自分を客観的に見ることが出来るようになったような気もするし、学んだことは英語だけではないと思います。また機会があればぜひ行きたいと思うし、今度行くときは今よりずっと英語がうまくなっていたいです。